塾の求人いろいろ

特別な資格はいらないけど…

塾 求人今の小学生や中学生は学習塾に通っている子が多いのではないでしょうか。街中のあちらこちらにも学習塾の看板が目立ちます。大手の学習塾から個人指導を謳っている小規模の学習塾など様々です。では、そんな学習塾の講師になるにはどうすればいいのでしょうか。何か特別な資格が必要なのかというと、そうでもありません。学習塾の講師の求人は、アルバイトやパートでの募集が多く見受けられます。もちろん正社員での募集もありますので、学生時代にアルバイトで講師をやってそのままそこに就職するという人もいるのではないでしょうか。いくらアルバイトやパートだからといって、採用されたらすぐに講師をやれるというわけではなく、人に教えるわけですからきちんと研修を受けてからとなります。学習塾といっても、その種類は様々あります。対象が小学生だったり、中学生だったり、高校生だったりします。マンツーマンで教える個別指導だったり、複数相手に教える場合だったり、勤務形態もそれぞれでしょう。倍率の高い難関の学校への進学をしようとしている場合、その偏差値に見合った学力が必要とされるので、当然教える側もそれなりの偏差値を求められるでしょう。勤務する塾によって給与形態も勤務時間や待遇も異なってきますが、アルバイトやパートの場合は指定された時間の中で勤務可能な時間を選べたり、時間が指定されている場合もあります。学生さんが相手なので、主に学校が終わってからになるので、15時からだったり16時から始まったりしています。終わる時間もだいたい21時くらいというのが多いようです。給与も1つの授業が90分で設定されているところの場合は、1授業で1,500円というような設定になっています。全部がそうというわけではありませんが、アルバイトやパートの場合はこのような給与形態になることが多いようです。この給与も個別指導とクラス指導でも異なってきます。複数相手に授業を行うクラス指導の方が若干ですが給与は高めといえるでしょう。教える側も、クラス指導がいいのか個別指導がいいのか選ぶこともできるので、自分のスタイルにあった指導方法を選ぶことも出来ます。塾の講師といっても、教える学生達の今後に関わる重要な仕事です。中途半端な気持ちや軽き気持ちでできるものではありません。ある意味、学校の先生よりもプレッシャーのかかる仕事かもしれませんね。

 

ページの先頭へ